紫金山 楞厳寺
Home > 雑記
雑記

花祭りです。(令和4年4月8日)

本日は、花祭り(降誕会/お釈迦様)の誕生日です。平日なので内々にですが、当寺でもお祀りさせていただきました。
紫金桜も祝うように満開となりました。

桜が見頃を迎えています。(令和4年4月7日)

紫金桜をはじめとする垂れ桜群が見頃を迎えています。
垂れ桜が見頃です。
見頃の紫金桜
駐車場の桜はこれからです。

桜が間もなく見頃です。(令和4年4月5日)

生憎の天気が続いていますが、紫金桜をはじめとする垂れ桜が間もなく見頃となりそうです。
色づく垂れ桜

紫金桜の開花が進んでいます。(令和4年4月2日)

暖かい日が続き、紫金桜の開花が随分と進み、三分咲き程度になりました。

紫金桜が開花しました。(令和4年3月31日)

例年よりやや遅いですが、紫金桜が開花しました。まだまだ数輪ですが、このままの気候が続けば、見頃は例年通り、4月8日の花祭り頃になりそうです。
紫金桜が開花しました。

紫金桜がもう少しで開花しそうです。(令和4年3月29日)

紫金桜のつぼみが大分膨らみ、開花までもう少しのようです。
樹木全体も紅くなってきております。
紫金桜のつぼみの様子

桜の開花はまだまだです。(令和4年3月21日)

例年ですと、お彼岸の中日には紫金桜のつぼみも紅くなり、お墓参りに来られたお檀家さんと「開花が近いですね。」などとお話するのですが、今年はつぼみもまだ硬く、開花はまだのようです。

春のお彼岸です。(令和4年3月20日)

明日は春のお彼岸の中日ということもあって、昨日からお墓参りに来られる方も多く見受けられます。
残念ながら、今年も新型コロナウィルス感染症の影響でお墓参りを見合わせた方は、お墓のほうへ向かい、お手を合わせていただければと思います。

本年もよろしくお願いいたします。(令和4年1月9日)

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
いわき市では、元日から珍しく雪が積もり、風情のある正月となりました。

雑事に追われ、当ホームページの更新もままならない日々が続いております。今年も新型コロナウィルス感染予防のため大勢で集まって、といった行持が行い難い状況でありますが、早期終息を願って日々、勤めて参りたいと思います。

4月8日は花祭りです。(令和3年4月4日)

4月8日は、花祭り(降誕会/お釈迦様の誕生日)です。
楞厳寺でも例年、4月8日直前の日曜日に花祭りを行い多くの方にご参拝いただくのですが、今年は昨年に続き、新型コロナウィルス感染予防のため、小規模にお勤めさせていただきました。
皆様方には、お近くの桜を眺めながらお釈迦様のお誕生日をお祝いいただければと思います。

紫金桜が見頃です。(令和3年3月23日)

紫金桜が見頃を迎えています。週末から来週の頭にかけて楽しめそうです。

紫金桜が開花しました。(令和3年3月20日)

天候は穏やかではあるものの花冷えのお彼岸となりましたが、春彼岸の中日であったため本日は多くの方がお墓参りにいらっしゃいました。
そんな中、例年より1週間ほど早く紫金桜が開花しました。開花に気付くとあっという間に四~五分咲きとなっております。

大般若祈祷会が無事に厳修されました。(令和3年1月2日)

令和になり、二度目の年明けとなりました。少し遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。

毎年恒例の大般若祈祷会ですが、今年も元日に厳修されました。
すでにお知らせしたとおり、今年は新型コロナウィルス感染予防で密を少しでも避けるため近隣のご寺院様にご協力をお願いせず、また法話や懇親会を自粛する等、可能な限り時間を短くしての開催となりました。
しかしながら、転読(法要中にお教本を振る作法)等、人手が要る場面もあることから、護持会の役員様方にご協力いただきました。お陰様で無事に執り行うことができました。改めてお礼申し上げます。
また、換気のため所々窓を開けていたので、ご出席の方には寒い思いをさせてしまいましたが、新型コロナウィルス退散を含め無病息災を御祈願させていただきました。ご出席できなかった皆様も今年一年、お身体に気を付けてお過ごしください。



大般若祈祷会の開催について(令和3年12月16日)

毎年恒例になっている大般若祈祷会を令和3年1月1日13時より厳修します。
ご希望される方は12月20日頃までに当寺へ直接お申し込みください。(御祈祷料:5,000円)
※ご祈祷には参加せず、後日、御札を受け取ることも可能です。


今回は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、法話、懇親会を自粛させていただき、参加は各自マスク着用等感染拡大予防の上、各世帯1名までとさせていただきます。
また、例年、20名近いご寺院様にお手伝いをいただいておりますが、今回は護持会の役員様ご協力の下、住職と東堂で執り行います。

例年と異なり、何かとご不便をおかけしますが、ご了承ください。




彼岸花が見頃です(令和2年10月4日)

例年より半月遅く彼岸花が見頃を迎えました。
いつもならお彼岸に見頃になり、お参りの方と「今年もお彼岸には咲きましたね。」とお話をするのですが、今年は7月の長雨、8月の酷暑のせいか開花が遅れていました。

見頃の彼岸花

お彼岸です。(令和2年9月21日)

明日は秋の彼岸の中日です。
猛暑から一転、急に涼しくなり、彼岸花もなかなか咲けないでいます。
今年は連休のせいか、新型コロナのせいか、一昨日からお参りの方がいらっしゃっています。
お墓参りできる方は、是非お参りを、難しい方は心の中で、ご先祖様のご供養をしましょう。




彼岸花が一輪だけ咲いていました。

本年の山門大施食会と護持会総会について(令和2年7月23日)

毎年8月8日に開催しております山門大施食会ですが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、本年は住職と東堂のみで執り行い、お檀家の皆様の参加も自粛願います。ご供養を申し込まれた方の塔婆(とうば)は、後日、お受け取りにいらしてください。
また、同日に予定されていた護持会総会も、先日の護持会役員会での協議の結果、役員のみで行うこととなりました。
お檀家の皆様におかれましては、ご了承いただき、お身体に留意してお過ごしください。



降誕会について(令和2年4月11日)

例年ですと、お釈迦様のお誕生日である4月8日に近い日曜日に降誕会を開催し、多くの方に桜の花が咲く中、法要にご参列いただくのですが、今年は新型コロナウィルスの影響で内々に勤めさせていただきました。
なお、今日、明日とお釈迦様は本堂前にいらっしゃる予定ですので、大々的にとはいきませんが、いらっしゃた方にはお参りいただけます。



降誕会のお釈迦様

お彼岸です。(令和2年3月20日)

本日は春分の日、春の彼岸の中日です。
お時間のとれる方はお墓参りに、お時間のとれない方はお墓の方へ向かって拝み、ご先祖様に今、自分がいることを感謝しましょう。




護持会総会の延期について(令和2年3月17日)

令和2年度の楞厳寺護持会総会につきまして、4月12日に開催を予定し、準備をして参りましたが、3月15日開催の役員会にて協議しました結果、昨今の新型コロナウィルス感染拡大防止の観点より、開催を延期させていただくことといたしました。

なお、延期された開催日につきましては改めてご連絡いたしますが、現時点では8月8日の施食会開催時にお時間をいただく見込みであります。
お檀家の皆様におかれましても、感染予防に努め、心身共にご健康でありますようお気をつけください。



法面強化工事を行いました(令和2年2月11日)

2月2日、9日の2日間に渡り、護持会長をはじめとする護持会役員様にご協力いただき、昨年の台風19号で崩落し、修繕した法面の強化のため、シートを張る作業を行いました。
このシートには草の種が練り込まれており、数週間後に法面に草が生えるようになっております。
また、1月下旬に降った大雨で部分的に崩れてしまったため、併せて再度修繕を行いました。


 

シートが張られた法面

新年、明けましておめでとうございます(令和2年1月3日)

遅くなりましたが、新年、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
昨年は災害の多い年でありましたが、本年は穏やかで皆様に幸多い1年となるようご祈念いたします。
当楞厳寺でも元日、いわき市内外の曹洞宗のご寺院様に御随喜いただき、無事に大般若祈祷会を厳修卯させていただきました。


令和2年元日、大般若祈祷会を開催します。(令和元年12月25日)

令和2年元日13:00より、楞厳寺において大般若祈祷会を厳修いたします。

お申込み・お問合せ:楞厳寺(電話:0246-63-0545)
※受付締切:12月30日


また、12:30より御祈祷前の法話を、御祷会後にくじ引きなどを行う懇親会がございますので、参加希望の方は併せてお申し込みください。
大般若祈祷会の様子

復旧しました(令和元年11月24日)

多くの方々のご尽力により、台風による境内の土砂崩れの復旧工事が行われました。壊れた側溝等、全ての修繕が完了した訳ではありませんが、崩落個所に土が盛られ、とりあえず落ち着いて新年を迎えられそうです。
崩落個所に土を盛りました。

応急復旧しました(令和元年10月14日)

台風の影響で土砂崩れが起きましたが、お檀家様方のご尽力により車が通れる程に復旧しました。土砂崩れ箇所の整備はまだですが、とりあえず、ホッとしております。なお、まだ地盤が緩んでおりますので、通行の際には十分にお気を付けください。
私自身の周りはどうにかですが、被災され、まだまだ元の生活に戻ることが困難な方々の1日も早い復旧を祈るばかりです。





通行可能になりました。

土砂崩れが起きました(令和元年10月13日)

台風19号の豪雨・暴風により、各地で被災された皆様、お見舞いを申し上げます。TVで洪水等の被害が報道される度、心が痛みます。いわき市内でも河川の氾濫等が起き、平地区、好間地区をはじめ、甚大な被害が起きているとお聞きしております。不便な生活を強いられ、大変な思いをされておられると思いますので、心身の健康にご留意ください。また、まだ地盤が緩んでいる箇所もあり、また天気が崩れる様ですので、お気を付けください。

一方、当楞厳寺境内でも土砂崩れが起きました。紫金桜の西側から高台墓地の水道手前までが崩れ、坂道を塞いでしまいました。有難いことに被害確認に来ていただいた護持会の役員様方により応急の復旧作業がなされ、車庫から車を出すことが出来ました。しかしながら、まだ階段の下が通行できませんので、お越しの方は下の駐車場に車を停めて、南墓地の右手の裏道から上がってきてください。裏道は舗装されているものの、狭く、滑りやすいので足元には十分お気を付けください。
また、高台墓地の水道付近が危険な状況ですので、崩壊箇所付近には近づかないようお願い申し上げます。

坂道が封鎖されております。
階段の上から。
崩壊箇所

彼岸花が見頃です(令和元年10月1日)

冷夏や猛暑があっても毎年、秋の彼岸に合わせたように咲く彼岸花。今年はようやく見頃を迎えました。
それほど今年の夏は例年にない異常気象だったということでしょうか。
今後の気候に不安がよぎりますが、まずは今年の開花を楽しみたいです。




見頃を迎えた山内の彼岸花

もうすぐ秋のお彼岸です(令和元年9月16日)

今週末からお彼岸に入ります。当楞厳寺でもお墓の掃除に来られるお檀家さんが増えてまいりました。
お彼岸にお参りに来ることが出来ない方もご自宅でご先祖様をお祀りください。


楞厳寺の仏像が国立博物館に展示されます(令和元年8月17日)

激しい気候変動に左右されながら慌ただしい毎日を送り、気付けば、山門大施食会もお盆も終わってしまいました。


さて、当楞厳寺にある釈迦三尊像が東京国立博物館(上野公園)にて開催される【住友財団修復助成30年記念 特別企画「文化財よ、永遠に」】で展示されます。


この企画展は公益社団法人住友財団の文化財の維持・修復の費用を助成する事業が間もなく30年を迎えるのを記念して開催される助成対象の文化財の展覧会です。東日本大震災や能登半島地震などで被災し、同財団が修復を助成した仏像たちが展示されます。


開催期間は2019年10月1日~12月1日ですので、是非足をお運びください。




特派布教巡回を開催しました(令和元年6月27日)

特派布教師の稲石文乗老師を講師に迎え、22教区の令和元年度特派布教巡回が当楞厳寺で開催され、22教区の檀信徒、約70名が参加されました。

本年度の告諭や布教方針に基づき、「自己をならひ、自己をわするる」との演題にて布教をいただき、参加された皆様は分かり易い解説に聴きいっていらっしゃいました。また、簡単な座禅指導もいただき、皆様に曹洞宗への興味を深めていただきました。

特派布教巡回後には各寺院の役員様たちによる教区護持会総会兼研修会が開催され、昨年度の事業報告や決算報告等の例年の議題のほか、役員改選も行われました。

特派布教師:稲石文乗老師
多くの檀信徒が参加

特派布教巡回開催について(令和元年6月13日)

この度、楞厳寺におきまして、下記の日程にて特派布教が開催されることとなりました。


                記


〇日時  令和元年6月27日(木) 9:30~(受付開始9:00)

〇場所  楞厳寺 本堂

〇特派布教師  稲石文乗老師
           (静岡県第3宗務所第2教区 大覚寺住職)

〇会費  1,000円

〇日程
9:00 受付
9:30 開式
10:00 法話
11:45 点心(昼食)
12:30 教区護持会定期集会兼研修会

〇申込方法
地区世話人を通じてか、直接、楞厳寺(℡0246-63-0545)へお申し込みください。

※特派布教とは…

禅師様より特に任命、派遣された特派布教師(特派師範という特別な称号を持つ僧侶)が禅師様に代わって布教(指導と法話)をするという貴重な機会です。
勿来地区から多くの曹洞宗の檀信徒がこの話を聴くために集まります。楞厳寺が会場となるのは10年に1度の一大行事となりますので、是非ご参加ください。




護持会総会が終わりました(平成31年4月16日)

4月14日(日)、護持会総会が行われ、全ての議案について無事、承認を得られました。

特に今回は役員改選がありましたが、新役員の方々が快く受けてくださり、ホッとしております。これから2年間、新体制で臨みますので、皆さん、ご協力をお願いいたします。




降誕会(平成31年4月7日)

明日(4月8日)は降誕会(ごうたんえ:お釈迦様の誕生日、灌仏会、花祭り)です。
忙しい毎日ですが、お仏壇にお飾りをして、お祝いをしましょう。







護持会総会について(平成31年3月25日)


3月24日の護持会役員会において、護持会総会の開催日時と主な議題が決定されましたので、檀家の皆様はご出席をお願いいたします。


日時 平成31年4月14日(日) 13:00~
場所 楞厳寺2階客殿


護持会とは…
皆さまのご先祖さまの落ち着きどころ、そして皆さまの心やすまる場所として、お寺が長く続くようにするため、檀家の皆様で結成し、運営する会です。
会費を頂戴し、総会で活動の諸々を決め、たくさんの方々が気持ちよく集まれるお寺となるように考えて運営しております。



彼岸の入りです。(平成31年3月18日)

今日は春の彼岸の入りです。
何かと忙しいかも知れませんが、お墓参りをしてご先祖様に近況報告をいたしましょう。
時間がなく、どうしてもお墓参りが出来ない方はゆっくりお仏壇に向き合ったり、ご実家の方角に手を合わせたりしましょう。





雪が降りました(平成31年2月10日)

先週の節分会は穏やかな天気でしたが、今週は昨日から雪が降り続き、いわきでも珍しく4~5㎝程積もりました。
道路も所々凍結しているようですので、通行にはお気をつけください。


境内にも雪が積もりました。
雪化粧した紫金桜

明けましておめでとうございます(平成31年1月5日)

大変遅くなりましたが、新年、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
多くの方々のご協力により元日の大般若祈祷会、3日の近隣のお檀家さんへの年始回りを無事終え、遠方のお檀家さんへのお年賀の発送作業も目途が立ち、やっと一息つくことが出来ました。
まだまだバタついた正月が続いておりますが、今年は平和な1年になることを願うばかりです。



平成31年大般若祈祷会の開催について(平成30年12月8日)

お檀家の皆様には既にご連絡が行っているかと思いますが、先日の護持会役員会を経て、平成31年の大般若祈祷会が下記の通り厳修されることになりました。
大般若祈祷会は、喪中であったり、楞厳寺のお檀家さん以外であってもお申し込み可能ですので、平成最後の大般若祈祷会に是非、お申し込み、ご参加ください。

                            記

○日時:平成31年1月1日 13:00~(法話 12:30~)
※終わって、懇親会(福引き等イベントあり/未成年及び運転される方は飲酒不可)
※申し込みたいが、当日来られない方はご相談ください。

○場所:紫金山 楞厳寺(福島県いわき市山田町蔵ノ内36)

○申込:ご希望の祈願(例:家内安全、身体堅固/2つまで)を添えて、地区の世話人へ申し込むか、郵便にて直接楞厳寺へお申し込みください。

○費用:5,000円(御札があります)

※不明なことは、楞厳寺(電話:0246-63-0545)へお問い合わせください。



例年の大般若祈祷会

来年のカレンダーの文字は 鷲嶽寛道(楞厳寺東堂)が書きました(平成30年11月25日)

楞厳寺が毎年、お檀家さんにお配りしているカレンダー(禅の暦)は、曹洞宗福島県青年会の各支部が毎年、持ち回りで作っています。

2019年のカレンダーは、住職も加入している いわき支部が担当しました。そのカレンダーで使われている下記の文字は、楞厳寺の東堂(前住職)である鷲嶽寛道が書きました。
また、写真もいわき支部の青年会員をモデルに撮影したり、いわき市内の曹洞宗の寺院さんの行持にて撮影されたものです。
是非、ご覧ください。

表紙傳燈 ~つなぐ~

1, 2 得度(とくど)・・・頭を剃り、仏の教えを護る誓いをたてること。

3, 4 安居(あんご)・・・修行道場に入り、厳しい仏道修行に専念すること。

5, 6 立身(りっしん)・・・修行僧の模範となる第一座を務め、資質を示すこと。

7, 8 嗣法(しほう)・・・師から弟子へと仏法が嗣がれること。

9,10晋山(しんさん)・・・住職として迎えられた僧侶が山(寺院)に晋む(入る)こと。

11,12傳燈(でんとう)・・・燈に例えられた仏の教えを絶やすことなく伝え続けること。



お彼岸です。(平成30年9月24日)

昨日(9月23日)は、秋彼岸の中日でした。
不安定な天気が続く中、穏やかな1日で、例年通り、多くのお檀家さんがお墓参りにいらっしゃいました。
お彼岸はご先祖様を祀りながら、今を生かされていることに感謝する機会です。お時間がなく、お墓参りが出来なかった方は、まずはお仏壇に手を合わせ、近いうちにお時間を見つけてお参りしてはいかがでしょうか。



お見舞い申し上げます。(平成30年9月16日)

今年は例年に増して災害が多い年となっております。
西日本の台風の被害に遭われた方、北海道の地震の被害に遭われた方、それぞれ大変な思いをされていると思います。
被害に遭われた方へお見舞いを申し上げ、亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。



山門大施食会を開催しました。(平成30年8月8日)

当楞厳寺では例年通り、8月8日に近隣の曹洞宗のご寺院さんにご協力いただき、山門大施食会を開催しました。
今年は台風の迫っていたためか参加者がやや少なめでしたが、皆さんで食事をとっていただいた後、12:30からの住職法話に引き続き、13:00より法要を厳修。皆さんのご協力により、大きなトラブルもなく無事に終えることが出来たことに感謝しつつ、ホッとしているところであります。

台風の後は再度、気温が上がるとのことなので、お盆のお墓参りには十分お気をつけください。


山門大施食会

御来寺の皆様へ(平成30年7月17日)

最近、ポケモンでも出るのでしょうか?
時間帯を問わず、境内に乗り入れ、何もせず、しばらくしたら帰る「不審な車両」が増えました。
お寺は来る者を拒みませんが、土日や祝日は法事でご高齢の方やお子様も多くいらっしゃり、時として危険ですし、お墓には皆様のご先祖様が安らかに眠っております。
夜間ならなおさらです。

境内は管理地ですのでお寺を管理する者としましては、門内に出入りする人が居れば、日夜問わず気にします。
皆様には、くれぐれもマナーを守っていたき、心安らかにご参拝していただければと思います。



今年も8月8日に施食会を開催します。(平成30年7月12日)

大阪大地震から束の間、西日本豪雨で被災された方々へお見舞い申し上げます。これから暑くなる時期、お身体に十分気をつけ、ご不便とは存じますが無理せず生活していただきたいと思います。また、1日も早い復旧・復興を願っております。
さて、先日の護持会役員会を経て、楞厳寺では今年も8月8日に山門大施食会を厳修いたします。お申し込みは地区世話人の方を通じてか、町部の方はご案内に記載がある通り、お寺へ直接お申し込みください。


お見舞い申し上げます。(平成30年6月23日)

先日、関西地方では大きな地震があり、多くの方が被災されたとの報道を見受けました。阪神・淡路大地震から復興し、平穏な生活を送っていた中、新たに被災したことで大変なご苦労をされていることと思い、心からお見舞い申し上げます。
また、東日本大震災を経験した身として、一刻も早い復旧・復興を願うとともに、災害を拒むことは出来ないが起きてからの対応について、意識を高めねばと思うばかりです。


護持会総会が無事終了(平成30年4月15日)

本日午後1時30分より、楞厳寺護持会総会が開催されました。皆様のご協力で無事、本年度も各報告及び議案の承認が得られました。
本年度も皆様、よろしくお願いいたします。


花祭り(平成30年4月8日)

本日(4月8日)は花祭り(お釈迦様のお生まれになった日。「降誕会」、「灌仏会」とも。)です。お釈迦様がお生まれになったとき、天上より甘い雨が降ってきたという言い伝えになぞられて、お釈迦様の像に甘茶をかけてお参りします。
当楞厳寺でもささやかにお祀りしておりますので、是非、お越しください。





お祀りしているお釈迦様。

護持会総会のお知らせ(平成30年4月1日)

お檀家の皆様には既に通知が届いていると思いますが、本年度の護持会総会が4月15日(日)13時30分より開催されます。
ご多忙とは存じますが、お檀家の皆様、ご出席をお願いいたします。また、都合により欠席される方は委任状をお願いいたします。


 

春彼岸の中日でした。(平成30年3月21日)

本日は春のお彼岸の中日でした。
暑さ寒さも…と言いますが、暖かい日が続いている中、急に気温が下がり、本堂でお茶を召し上がっていただいたお参りの方々も口々に「寒い」「寒い」とおっしゃってました。
関東地方では雪とのことでしたが、こちらは幸い午前中は曇りで午後も雨でした。


 

梅の花が見頃です。(平成30年3月14日)

紫金桜に先立ち、境内の梅の花が開花し、見頃となっています。
散歩がてら、眺めに来てください。
境内の梅の木
お問い合わせフォーム

QRコード

紫金山 楞厳寺モバイル

携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。